電卓弁護士費用特約というのは、交通事故の任意保険や傷害保険に付帯している特約の一種です。この特約に設定されている限度額までは、弁護士費用を保険会社が出してくれるため、人身事故の被害に遭った方が出さなくてもよくなります。

なお、この特約を使ったとしても保険の等級がダウンすることはなく、自分が入っている保険でなくても、家族が入っている保険に弁護士費用特約が付帯してあれば、その特約を使えることが多いです。なお、保険に入ったときにはこの特約を付けていなくても、あとから付帯させることができます

どのぐらいの金額が限度額に設定されているのかといいますと、300万円に決まっていることが多いです。大きな交通事故でない限りは、弁護士費用が特約だけでは不十分になるという心配はまずないといっていいでしょう。なお、弁護士費用の負担軽減以外の魅力もこの特約にはあります。弁護士費用は保険会社によって支払いが行なわれる形になりますが、勝ち取った賠償金に関しては、被害者が全額手にすることが可能です。弁護士費用の負担が賠償金の額を上回ってしまい、収支がマイナスになってしまうことを回避できる点が、弁護士費用特約の大きな魅力といえるでしょう。