相談所国によって設置された法的問題解決のための総合案内所があります。一般の方が法律相談を無料ですることが可能な公的サービスで、人身事故に遭った人が利用できる弁護士費用の負担を軽くできる制度が用意されています。これは弁護士費用の支払いが困難な方のために、弁護士費用の立替払いをしてくれるというものです。

この立替金制度は、利用すると支払いが免除されるというわけではありません。利用後には立て替え払いをしてくれた総合案内所に対して、分割返済をしていく形になります。返済方法は申請した金融機関口座から毎月引き落とされることになっています。返済が滞ってしまうと、督促がくることになるため、返済遅れはしないよう金融機関の口座残高には十分に注意しなければいけません。

また、誰でも利用できるわけではないという点にも気をつけなければいけません。収入をはじめとする利用のための条件が定められているのです。さらに、総合案内所と契約を締結している法律事務所の弁護士にしか依頼できない点にも注意が必要です。

立て替えというだけで、支払い自体は最終的にしなければいけませんが、分割になる分、一度に出て行く金額は低く、弁護士費用の負担は軽くなります。ほかの費用負担の軽減法と比べて自分にとってメリットがあると感じられれば、一度無料相談をしてみる価値はあるといえるでしょう。